オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
機密文書

postheadericon 大切な破棄方法

悪意ある流出ではなく偶然流出してしまう場合は企業はどこにも訴えることができないです。
そのため情報の取り扱い、機密文書の取り扱いは徹底管理する必要があります。
機密文書を破棄する場合、破棄する専門の業者に依頼して処理を行うことが大切です。
普通のゴミとして企業の機密文書を捨てることはあってはならないことです。
専門の処理業者に依頼をすればただ捨てるのではなく溶解処理などの特別な方法で破棄してくれます。
溶解前の取り扱いも最新の注意を払って行っています。

勝手な行為を禁止
機密文書を勝手に破棄することは企業としては大きなリスクになります。
企業内でも情報の取り扱い方法、処理、破棄方法を徹底させることが大切です。
企業としてはリスクを減らすためにセキュリティ研修を行い、ネットのセキュリティ強化を行い、破棄する場合のために専門の業者と契約することが良いです。
このようなフローを作成して情報を徹底管理することで情報の漏えい、流出などのリスクをかなり減らすことができます。
企業としては多少手間とお金がかかってもきちんとした体制をとることをおすすめします。

機密文書の冊子

postheadericon 人にも環境にも優しい

大切な文書を処理したいと思ったから、専門業者に依頼することが確実です。
たくさんの情報が入ったハードディスクやパソコンから、文書の情報を専門ソフトを使用して無効化し、ハードディスクを破壊して確実に処理を行います。
紙の文書の場合には、シュレッダーなどで紙を粉砕してもつなぎ合わせれば修復できてしまうことから、特殊な油を使って融解処理もしています。
焼却するよりも二酸化炭素が抑えられ、環境にも優しいものとなっています。

企業の信用問題
現代は情報が重要な社会です。
個人情報以外にも企業の機密文章や契約書など様々な情報があり、それらの情報が流出することは企業の責任です。
最悪の場合は機密情報漏えい、個人情報流出などで企業が倒産します。
情報がお金になる現代では流出された側は損害賠償を請求できます。
ただ企業の信用が落ちるだけではなく賠償によってお金も払う必要があり、たった一つの情報が流出しただけで倒産することもあり、情報流出は企業が一番恐れている問題でもあります。

機密文書の冊子を開く

postheadericon 大切な文書の保管は

会社には個人情報や社内極秘文書など、機密文書がたくさんあります。
ハードディスクなどに管理しておいても良いのですが、万が一サーバーダウンしてしまった時には肝心のデータが損害を受けてしまいますし、ハッキングに遭ってしまった場合、高速通信に乗って拡散してしまいます。
かといって紙での文書はかさばって大量になってしまい、保管場所に困ってしまいます。
文書を保管するには、相応の場所とリスクを抱えながら行うことになってしまいます。

困る文書の処理方法
文書に保管期限があった場合には、期限を過ぎてから処理することも可能となりますが、その処理方法に今度は困ることになります。
ただの紙ゴミとして破棄してしまうのは、その文書の内容が公開されるのと同じことになってしまいますし、シュレッダーにかけてしまうのも時間がかかり過ぎてしまいます。
ハードディスクの場合には、中に入っている文書を専用の削除ソフトで厳重に消去してから、金属を含む機械を捨てるため回収業者に依頼するという、二度手間がかかります。